自己紹介

私の日常

名前は 森貞 雅博 と申します。ここのウェブページの大半は一人で 作っています(そうでないところは断り書きを入れています)。 このウェブページを作る前にいろいろ検索してみたのですが、 小劇場情報はすごいところがあるのにミュージカルに関する情報 ってないのですよね。四季のページを作るつもりで始めた web ページ作りですが、偏りはあるものの「日本のミュージカル情報」 なんてだいそれた名前がついてしまいました。これが1996年3月のことでした。

わたしは、とある電機メーカーで開発をやっている50代の 普通の会社員です。そのため平日は忙しく休日も観劇で忙しく メールの返事がなかなか書けなかったりします。 他の人とちょっと違うところは、栃木県宇都宮市に住んでいるというのに 土日になると毎週のように東京や関西にミュージカル を観に行くというところです(病気をしたため、少し回数は減りましたが)。

宇都宮市には東京から転勤で来ました。スキーに行くには便利 ですが芝居を観るという趣味を持っているわたしにとっては交通費 やホテル代で毎月の家計がちょっと苦しい。

好きな劇団は、ミュージカルではOSK日本歌劇団、宝塚歌劇団、劇団四季、 イッツフォーリーズ、ミュージカル座。 ストレートプレイでは第三舞台、野田地図、新宿梁山泊、キャラメルボックスといった ところだったのですが、最近はOSKと宝塚が観劇回数の大半を占めています。

最初は…宝塚: 白城あやか、羽純るい

好きな役者は、たくさんいますが、最初にファンになったと言えるのが宝塚星組の白城あやか (1997年3月31日をもって退団)でした。彼女は宝塚歌劇団星組のトップ娘役で、歌・踊り・芝居の 三拍子そろった人でありましたが残念ながら宝塚を退団して しまいました。(;_;)

宝塚にハマったのはムラ(宝塚大劇場)での1995年のME AND MY GIRL からです。 生まれが関東ですので就職してからのことでした。ちなみに一番最初に観た作品はそれより 少し前の雪組「ブルボンの封印」/「コート・ダジュール」でした。 最初にファンになったのはよしこちゃん(麻乃佳世)ですが すぐに退団になってしまって。。。あやちゃん(白城あやか) のファンになったのは「麻乃佳世・白城あやかディナーショー」から (実際には友人に見せられたビデオからですね)です。それ以降はファン街道 一直線!てな感じで現在に至っております。全部の組をなるべく 観るようにしていますが、宝塚友の会が新組織になってから大劇場作品 以外のチケット(特に東京宝塚劇場)が手に入りにくくなって困っています。

ちなみに、あやちゃんに関してはファンクラブに入っており、入り待ち、 出待ち、ガードもちゃんとやっていました。今では男性を劇場内で見かけるのも 珍しくなくなりましたが、会服を来てガードに入る人は少ないですね。私の場合は、 アクティブな先輩男性ファンが一人いたことと、あやか会スタッフと会員が 男性ファンでも暖かく迎えてくれたことが大きな助けになりました。 退団公演である「エリザベート」の時には自分の気持にケジメをつける意味もあり、 足繁く入り出待ちに通っていました。

今考えると、 「あやかさんの会に入っていて、ガードもまじめにやっていた」ことは、 どのファンクラブや宝塚ファンの人でも安心してくれるという免罪符的な 利点もあったりします(演劇に限らず、どの世界でも信用が大事なのは同じです)。 その後もいろいろなファンクラブでアクティブに活動していますが、 最近は他の組も含めて何人か同様にアクティブな友人や顔見知りも増えて来ましたし、 ジェンヌさんとお知り合いの友人もいて、 それからさらにジェンヌさん本人に顔と名前を覚えられたり (男性はこういう時は有利です)、というわけで今ではいろんな しがらみもあったりします。:-) あと、他の生徒さんのファンクラブのスタッフにも 顔と名前を覚えられるという欠点(笑)もあったりしました(浮気ができない)。 ちょっと前なら花組ファンクラブのスタッフは私の顔は覚えていたことでしょう。

にゃんちゃん(羽純るい)は、まだあやかさん在団中 :-P 「パッションブルー」 を大劇場で観た時、タキちゃん(出雲綾)と一緒に歌いながら下手から上手に 移動するシーンを見て顔と名前が一致したのが発端。それ以前にもあやかさんの お茶会にゲストで来ることがあったのでいくらかは知っていたのですが、 その後は「二人だけが悪」の東宝での新人公演を観てなかなかいいなと 思いつつ完璧にハマったのは「夜明けの天使たち」日本青年館公演ですね。 これは作品もよかったですが(荻田浩一さんのデビュー作でした)、 シェリル役がとてもよかった。 ちなみに同時に荻田先生にもハマったのでありました。

年子ちゃんを超える存在は宝塚では現れていない…

としこちゃん(鈴懸三由岐)は、 わたしが白城あやかさん退団で傷心 :-) の頃、 花組地方公演「風と共に去りぬ」のフィナーレのダンスシーン(タキシード ジャンクションでしたっけ?)でとてもシャープに 踊っているのを見かけて顔と名前が一致したのが最初。その時は、スカーレットIIを 演じた千ほさち、あやかさんと同期の渚あきがお目当てで観に行ったんですけどね。 そのダンスシーンであきちゃんの隣で踊っていて、「あの娘役だれ?」と友人に 聞いて名前を覚えたのでした。次に「サザンクロスレビュー」 の東京宝塚劇場公演を観たときにはすっかり大ファンになっていました。 あやかさんはわたしにとっては神様のような存在でしたが、としこさんは 友人の延長線上と言ったところでしょうか。不思議な感覚ではありますが、 すでにわたしの生活の一部、心の一部になってしまいました。ショーで踊っている姿 を見ればどんな疲れも吹き飛びます(なかでも「La Esperanza」と「マラケシュ 紅の墓標」はファンとしてとても幸福な公演でした)。
残念ながら2007年12月に退団してしまいましたが(できればダンスの仕事を続けて 欲しいのですが…)、10年間応援することができて悔いはありません。 としこちゃんを上回る人はもう現れないでしょうね、きっと。 実際、その後、金銭的な事情もありますが、宝塚観劇回数は減っています。
としこちゃんは現在は振付の先生として劇団の振付や振付助手を時々やってますね。 振付師として今後の活躍が楽しみです。

その後のファン遍歴は…

まひるちゃん(紺野まひる)は友人がファンなもので、そのツテもあり なんとなくズルズルとハマり、本人に顔と名前を覚えられてしまいました。 歌い踊れる娘役ですので好みのタイプです。課題だった芝居も十分に うまくなってきたので早くトップになってほしいと思っていたらようやく 雪組のトップ娘役就任が決まりました、と思ったらやめちゃったんだよね。 エリザベートをやってほしかったんだけど、劇団四季に入って 「オペラ座の怪人」のクリスティーヌをやってくれないかなと思ってたんですが、 今はご存知のようにテレビ中心で活動しています。 結婚したのでマイペースで活動をしていくのではないかな?

コトコト(琴まりえ)は、たぶん見間違いではないと思うのですが、 1997年8月東京宝塚劇場での星組公演のこと、まだ研1で組配属も決まっていない 段階でしたが、上級生の方の休演の代役で「魅惑II」の中詰め “ビギン・ザ・ビギン”で銀橋の上手の端付近で踊っていたことが ありました。ちょうどその時その姿を3列目の真正面から見たのが 始まりです。それ以来なんとなくその姿を追いかけてはいたのですが、 「Elegy」東京公演では親心モードとなり(初日の「白です!」の台詞を聞いて サーッと血の気が引きましたが、それがかえって保護欲をかき立てたと いいますか :-P)、その後「WEST SIDE STORY」の 新人公演が決定的でしたね。かわいいかわいい妹的存在(年はかなり下だけど)でした。 ダンサーとしてはもちろんですが、課題と言われていた歌もうまくなり、 芝居面では娘役から女役への切り替わりを模索し、というところで、 ついに2010年3月21日をもって退団となりました。 結婚退団なので二度と舞台に立つことはないでしょう。

となみ(白羽ゆり)は友人が知り合いというか、東京での会の代表みたいな ことを昔やっていたこともあるのですが、丸顔とスモーキーなソプラノがちょっと あやかさんに似ていて好みだったりします。課題だったダンスも踊れるように なってきたし(まだまだまだではあるけど)、 最近は貫禄もついて来た? 主演娘役になり、2009年5月に退団しました。

佳織ちゃん(晴華みどり)は栃木県出身ということもあって応援し始めました。 文化祭で初めて舞台姿を見たのですが、歌の上手さには驚愕しました。 ダンスがちょっと苦手なんだけど、最近は群舞なら何とか 不安がないくらいになったかな(ダンスの劇レスにちゃんと出れば少しは違うんだけど)。 考え詰めると自分しか見えなくなる性格なのでファンとしては付き合いにくい生徒さんですが、 そこがまたよいところでもあるし、最近は少し回りを見る余裕が出てきたのか性格が 少し丸くなったような気がします。 もうすっかり上級生だなと思っていたところで退団となりました。

宙組の野々すみ花ちゃんは、 もともと大阪の友人がファンで、文化祭でのダンスを見て名前と顔を覚えたのが最初。 その友人のツテで行った最初のお茶飲み会の時にはすでに黒蜥蜴の早苗役、 つまり娘役二番手になっていたんですよね(実際には一花ちゃんがいたので三番手)。 なぜか私のスケジュールが合って(笑)、お茶飲み会3回連続皆勤でした。
素顔は日本的なお顔だと思うのですが、化粧すると西洋的な美少女に化けられる。 役に合わせて変幻自在で、芝居に入ると怖いくらいに変わります (「ガラスの仮面」の北島マヤみたいな魅力があります)。 素の性格はちょっと間の抜けたところがあるんだけど、そこがまた可愛い。 チョコレートを食べ過ぎると顔がパンパンに太っちゃうのが玉にキズかな。
そんな彼女もついに2009年に宙組の主演娘役になり、その後退団。

月組に組み替えになったありさちゃん(羽桜しずく)。 これまではコトコトと同じ星組だったので隠れファンだったのですが、 組替えになったので(笑)、表立って応援できました。 ルックスにも惹かれたのですが、それよりもまじめに劇レスに通う姿を見て 「いい子だな」と思ったのが最初(私はまじめな子が好きなのです)。 あれよあれよという間に新公ヒロインや主演まで務めるように なってこれからだ!というときに残念ながら退団してしまいました。
今は本名の中島亜梨沙としてタレント活動をしています。

現在は…

友人が応援しているあゆみちゃん(沙月愛奈)はダンスがめちゃくちゃうまくて好きです。 私の心の中で年子ちゃんを継ぐことができると信じている娘役ダンサーの本命です。 ダンサーとして下級生の頃から抜擢されてきましたが、 今ではダンスだけではなく、芝居と歌でも活躍するようになり、頼もしい上級生に なってきました。これからも下級生を引っ張るダンスリーダーとして頑張って いってほしいと思います。

花組の華耀きらりちゃん。 新公で年子ちゃんの役を何度か演じたので興味を持って、 お茶飲み会に行ったのがそもそもの始まり。 「ファントム」本公演でも年子ちゃんの娘の役だったこともありましたね。 私好みのダンサーですし、百万$の笑顔が一番の魅力でとても癒されます (逆に、笑ってないとちょっとこわいかも :-P)。
2015年6月に退団となりました。その後はマイペースで活動するようです。

雪組の星乃あんりちゃん。 ショーでのうさぎちゃんにノックアウトされました(笑)。 笑顔がとても可愛くてチャーミングな娘役さんです。見てると安心するというか(笑)。 歌と芝居が課題だったのですが、上達してきたと思います。

そして、なぜか(笑)、妹の春妃うららちゃん。最初は妹とは知らずに 研1の組み回りの雪組「ROYAL STRAIGHT FLASH!!」(この公演は佳織ちゃんの 退団公演だったので観まくりました)の西部劇の場面での少女役で顔と名前が一致した子です。 花組配属になりましたが、ショーではダンサー口の2ndラインの末席くらいにすでに 抜擢されてますね(と思っていたらいきなりの新公ヒロインにはびっくりしました)。 ショーで踊っている時の笑顔がとても可愛らしい娘役さんです。今後に期待。
…と姉妹に走ってしまってよいのだろうか? 花組は今はファンクラブの規則が厳しすぎるので、 うららちゃんには走らないことにしています。

最近とても気になる存在なのが星組の妃白ゆあちゃん。 コトコト在団時からもちろん顔と名前は知っていました。 コトコト退団後しばらく星組ファン生活は喪中だなと思っていたのですが、 友人が応援し始めたのが端緒で、今はすっかりハマってしまっております。 成績がよくて何でもできるのになぜか役付きがよくないのが残念。 スカイステージでダンスを踊る番組がありまして、そのダンスはすごかった! やっぱり私はダンサー好きなのですね。おまけにとてもかわくてチャーミングです。

そして、上記の同じ友人の影響で99期生や100期生にも…(笑)。
まずは、花組の凛乃しづかちゃん。ダンサーです。 文化祭のモダンダンスでパッと目を引く踊りを見せてくれました。 細面で目が大きくて可愛い娘役さんです。
もう一人、星組の桜里まおちゃん。 文化祭の芝居はなかなかよいと思いました。 組回りでも頑張って踊っていました。 かわいいですし、今後に期待ですが、どうなるかなぁ。

100期生は(これまた上記友人の紹介みたいなものですが)、 花組の音くり寿ちゃんと華優希ちゃん。 音くり寿ちゃんは初舞台でカゲソロやってましたよね。 とてもきれいな声が印象的でした。ツルッとした卵のような顔が 可愛らしいです。 華優希ちゃんはそれまではあまり目に留まらない存在だったのですが、 ダンスの動きや踊っている時の体のラインがきれいだし、笑顔がチャーミングですね。

このくらいの下級生になると娘みたいなものですね。 実力と可能性は未知数かつ成長過程で、 これからの頑張り次第でどう化けるか分からないと言えるでしょう。 (逆に言えば、レッスンで歌・踊り・芝居の実力を向上していかなければいけないのが 下級生の大変なところですが) 今後の活躍に期待しています。

OSKよ、永遠なれ! 最初は…: 琴世つぐみ、森野木乃香

OSKは、「上海夜想曲」の日本青年館公演を観たのが最初です。 当初は、湖上芽映さんが好みだったのですが(あやちゃんとみはるちゃんを足して 2で割ったようなルックスだったので :-P)ハマるまでには至らず。 その後東京公演がなかったせいで最近まで観ていなかったのですが、 宝塚関係の友人でハマっている人がいまして、あやめ池で「The Show is Beautiful!」を観て、 そのダンスレベルの高さにホレました。 それ以来あやめ池での定期公演、近鉄劇場での公演はかかさず観るようになり、 あやめ池でのファンの集いはもちろん、2000年12月のクリスマスパーティ、 2000年の暮れに志摩スペイン村→賢島宝生苑、 2001年5月に和倉温泉、2001年8月のスカイランドいこま、2001年10月の武生、 と足を延ばしました。 (賢島宝生苑での公演がなくなったのは痛いな。。。) 技芸員さんのダンスのレベルの高さは驚異的で、宝塚も見習って欲しいものでした。 ダンサー好きの私としてはとても見応えのある劇団ではあるのですが、 好みのタイプが多すぎるというのもこれまた困るというわけで、 特定の好みの人はなかなか決まらない状態でしたが、 上記の友人がファンをしている同期ということもあって琴世つぐみさんの ファンになりました。踊っているときの真剣な目が好きでしたね。 チャーミングなルックスと、いどみかかるような目の落差が好きだったの かもしれません(今は一般人に戻っています)。

あやめ池では千秋楽でもない限り前の方でいつも観られる現在の 環境は好きだし、技芸員さんの親しみやすさとファンとの距離の近さは とても好きでした。

琴世さんの次は、森野木乃香さんを応援していました。 やはりダンサーが好きなのは相変わらずです。 どうやら、かわいくてパキパキのダンサーというのが私のツボらしい。 彼女のダンスは男役かと思うくらい動きが鋭くて好きでしたね〜。 2007年3月に退団してしまいましたが、その後ダンスや小劇場公演にときどき出ています。

今は… OSK: 恋羽みう

今は、若手の恋羽みうちゃんが一番のごひいきです(宝塚、OSKすべての中で)。 みうちゃんの期は逸材揃いで誰のファンになっても不思議はないくらいなのですが、 私の感性と好みで選びました(まじめで、ダンスが得意で顔が細くて可愛い)。 性格にも癒されますね〜。 というのは半分くらいは冗談ですが、卒業公演を観たのが決め手で、その時のダンスに惹かれました。
彼女の最大の魅力は、見る人をほんわかさせてくれる笑顔だと思うので、 それを大切にしていってほしいと思います。 2009年2月には外部出演でヒロインを務めましたが、 ダンスに比べると歌がまだまだ!なので順調に育って行って欲しいですね。
いろんな公演に駆り出されているので、ケガのないよう頑張ってほしいです。
今はまだ若いお嬢さんの役が合っていますが、いろいろな役をこなせるようになってくれることを期待します。

あとはほとんどすべて心の中で応援している人ばかりであります。 折原さんはスペイン村のカルメンホールでのダンスを観て以来の 隠れファン(あまり隠れてないか ^_^;)であります。

OSKもレビュー公演を松竹座で毎年打ち、 京都・南座公演や武生公演もあります。 このまま順調に劇団が続いて行って欲しいものです。

宝塚でのお気に入り

以下が現在のお気に入り(ファンも含めて記述しています)。
お気に入りは劇団の数だけいると言っても過言ではないでしょう。 言い換えると公演毎にお気に入りができるということですが、お気に入り から実際にファンになるかどうかとの心理的な差は大きいです。 また、ファンから実際にファンクラブに入って応援するという間にも 大きなレベルの違いがあります。 というわけで、「ファン」と言える人は実際には少ないです。
(なお、名前を挙げていない人は嫌いというわけではありません、誤解のなきよう)

宝塚花組
春妃うらら, 仙名彩世, 華雅りりか, 朝月希和, 白城あかり, 凛乃しづか, 音くり寿, 華優希
高翔みず希
宝塚月組
海乃美月, 愛希れいか, 早乙女わかば, 萌花ゆりあ, 咲希あかね, 花陽みら
宝塚雪組
星乃あんり, 沙月愛奈, 笙乃茅桜, 咲妃みゆ, 羽織夕夏, 透水さらさ, 桃花ひな, 妃華ゆきの
望海風斗
宝塚星組
妃白ゆあ, 愛水せれ奈, 桜里まお, 妃海風, 真彩希帆
宝塚宙組
伶美うらら, 星風まどか
専科
五峰亜季, 轟悠

ってとこでしょうか。基本的には踊りのうまい娘役、輝いている人、歌のうまい 人が好きです。
↑娘役を先、おおよそ好きな順に並んでますが、順不同かも。

この中でファン(かも?)と言える人を好きな順に並べると、 妃白ゆあ, 星乃あんり, 沙月愛奈, 春妃うらら, 凛乃しづか, 桜里まお, …というところです。

他の劇団では、

OSK
恋羽みう, 折原有佐, 実花もも, 舞美りら, 朝香櫻子, 牧名ことり, 遥花ここ, 千咲えみ, 穂香めぐみ, 和紗くるみ, 白藤麗華, 麗羅リコ, 城月れい,
高世麻央, 桐生麻耶, 真麻里都, 楊琳, 悠浦あやと, 愛瀬光
フリー(元宝塚)
華耀きらり, 沢樹くるみ, 紫城るい, 白羽ゆり, 羽純るい, 西條三恵, 紺野まひる, 麻乃佳世, 風花舞, 星奈優里, 月影瞳, はいだしょうこ(千琴ひめか),映美くらら, 秋園美緒, 成花まりん, 彩乃かなみ, 和音美桜
匠ひびき, 愛華みれ
フリー(元OSK)
柑奈めい, 森野木乃香, 桜花昇ぼる, 美森あいか, 毬紗みのり, 萩きくの(花風ひかる),
フリー(元四季)
堀内敬子, 保坂知寿
劇団四季
大平敦子, 加藤敬二, 下村尊則
第三舞台
長野里美, 西牟田恵, 小須田康人
新宿梁山泊
金久美子(亡くなってしまいました), 近藤結宥花
その他
舞台女優としての富田靖子
辞めてしまった人
宝塚では
鈴懸三由岐, 白城あやか, 琴まりえ, 千咲毬愛, 夢奈さや, 紫苑ゆう, 美椰エリカ, 亜づさ真鈴, 妃里梨江, 南城ひかり, 稔幸, 大鳥れい, 美羽あさひ, 羽桜しずく
OSKでは
北原沙織, 若木志帆, 琴世つぐみ, 春咲巴香, 沙月梨乃, 千爽貴世, 丘もゆる, 琴野まいり

最後に…

ネットワーク上では @nifty のシアターフォーラム で主に活動していましたが、 フォーラムがなくなってしまったので今はtwitterとfacebookがメインかな。 2チャンネルは見るだけ(ごくたまに書くこともありますが、匿名はあまり性に合わない)。 最近はウェブ上の掲示板やブログに情報が拡散してしまってちょっと不便な 時代になってきました(と言っている私も掲示板を運営していましたが :-P)。 他には、メーリングリストとして、劇団四季メーリングリスト、 ミュージカルメーリングリスト(と言っても同じような名前のがたくさん あるかもしれません)に入っていました。

それでは、今後とも世界中で上演されるミュージカルともども 「日本のミュージカル情報」の web ページをよろしくお願いします。

わたしが作っているウェブページたち

わたしが加入しているパソコン通信やインターネットサービスプロバイダ の移り変わりと共に増えてきました(笑)。最初に作ったbiglobeのページは 家計支出削減のためなくなりました。

日本のミュージカル情報
ここです。:-)
一番注力しているコンテンツです。日本国内で上演されるミュージカルの 公演情報を掲載しています。sakura のバーチャルホスティングを利用してい ます。
日本のミュージカル情報(ケータイ版)
ケータイ端末用。こちらはlolipopのバーチャルホスティングです。
日本のミュージカル情報(スマホ版)
jquery mobileを使って作りました。

2015/8/15 更新

PAGE TOP